人生の時間

あなたが「死ぬ時に後悔する」ことは何ですか?

 

今や日本の平均寿命は、男性は80歳、女性は85歳と言われています。

僕だったら、80歳まであと 46 年。

年数だけで見ると、「あ~、まだそんなにもあるんだ」と思います。

しかし、日数で見ると、どうでしょうか?

46年 × 365日 = 16790 日。

16790 日 !!

こうするとかなりリアルな数字になり、僕はのんびりしてられない!と思いました。

※「将来どう生きたいか?」より、
「今と未来に目を向けて、何ができる?」
「本当は何がしたい?」
「あなたは、この地球に何の為に生まれたの?」

これ↑本当、大事 です!

そして僕は、今元気でいる間に「死と向き合う時間」をつくりました。

・自分の死の時間
・家族の死の時間
・両親の死の時間
そう考えることで、これからの生き方に真剣に向き合うようになるからです。

● 残りの人生の時間を考えると、生き方が変わる

人間は必ず最後は死にます。
しかし毎日の日々の忙しさから、自分が死ぬことについて深く考える機会はほとんどありません。
特に若い人ほど、健康はすでに手に入っているから、少し遠い存在に感じます。
自分が死ぬことは頭では分かっていても、他人事のように思えて、実感が湧かないもの。

● 死と向き合う事は、前向きでありプラス思考

死について考えることは、消極的で後ろ向きな考え方と思われるかもしれないが、実は前向きでプラス思考
な考え方です。
それは、誰もが必ず起こる現実を前向きに受け止めることができているということ。
多くの人は、誰もが長生きを望んでます。

今からお話しするのは、僕が26歳の頃、今の妻と結婚1年目の話しです。
父親の家業で働いていた時、ある日、経営難に陥り、取引先の支払いが滞ってしまいました。
そして、その取引先から毎日決まった時間に嫌がらせのFAXを1年以上送らされ、僕と両親はノイローゼになるくらい病んでしまいました。
僕も毎日、それを読むんですが、当時はかなり苛立っていて、精神的に不安定な状態が続き、ドロ沼に落とされた気分でした。
あまりにも酷いから、僕1人で取引先に乗り込んでやるくらいの気持ちでした。
当時はそれくらい自分の感情がコントロールできなかったのです。
どんどん嫌がらせが悪化していき、挙句の果てに脅迫や脅される毎日が続き、仕事どころじゃなかったのです。
そして、最終的に僕が父親の仕事を手伝っている事で、僕の家族にも脅し的なものが始まります。
ここではじめて、正直な気持ち「もしかしたら、自分にも危害が来るかもしれない」と思いました。
泣く泣く両親と仕事から逃げるようにして、妻を連れて、家を出ることになります。

何が言いたいのか…

あなたの大事な人にふりかかる「死」を目の当たりにした時、どんな感情が湧いてきますか?

だからこそ、今この瞬間を一生懸命に生きる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中