人生で本当に大切な事

rendez-vous de telepathy
〜愛し合う者同士がお互い手の届かないところにいる、しかしいつも二人はテレパシーでランデブーしている〜

某フランス映画からのコンセプト。

そもそも僕は映画と映画音楽からかなりのインスパイアを受けて、独自の世界観を築きあげてきました。

コンセプトと当時ドイツを中心にヨーロッパで愛されたトランスのようなメランコリックな旋律、壮大でドラマチックなストリングスアンサンブル、SEなどがうまくハマるフォーマットだったように思えます。

最新の科学の研究によって、

遠く離れた二つの物体が、間に介在するものがなくても、一度お互いに影響を与え合った原子同士は、永遠に影響を与え合う。

人生には、二種類の時間しかない。
ひとつは、仕事の時間。

成果と生産性。

もうひとつは、プライベートの時間。

愛と心の安らぎ。

職場での時間の質はお金に換算でき、
自宅での時間の質は人生や心の健康に影響を与える。

家庭環境、パートナーシップがよりよい関係を築いていると、仕事もきれいな川の水のように循環するもの。

あなたの大切な人は、一体誰なんだろう?

愛するパートナーの隣に座ってみて。

こんな質問してみると、意外な答えが返ってくるかも。
・今やっていることで、もっとやってほしいことは?

・今やっていることで、減らしてほしいことは?

・今やっていないことで、すぐ初めてほしいことは?

・今やっていることで、もうやめてほしいことは?
ここで一番重要なのは、

たとえどんな答えが返ってきても、言い争ったり、批判したくなる誘惑に打ち勝ってほしい。
何も言わず、勇気をだして話してくれたこと、意見を言ってくれたことに感謝の気持ちを伝え、受け取ったギフトをしっかり受け止める。

他人の話しに注意深く耳を傾けることで、幸せな人間関係を保つことはできる。
◉ある幼い少女が、母親にこう尋ねたんです。

 

ねぇ、ママ。 パパはどうして夜になったら、いつもお仕事をいっぱい鞄につめて帰ってくるの?

どうして、いつもおうちでお仕事してるの?

どうして、一緒に遊んでくれないの?

ママはこう答えました。

いい子だから、わかってちょうだいね…

パパにはお仕事がたくさんあって、昼間に会社でやるだけでは終わらないの。

少女はママを見上げて、

どうして会社は、パパにもっと簡単なお仕事くれないの?
この話しを聞いて僕はふと我に返りました。

それは、
家族との時間、個人的な活動に充分な時間を割いていない人に限って、勤務中に長時間かけて非効率な悪い習慣にハマっていたからです。

甘いもの好きな僕だが、ある事に気がついた。

人生てセルフサービスのビュッフェの行列になんか似ているんですよね、

人生もセルフサービスであり、誰かがあなたの人生を持ってくるわけではない。

テーブルについたらナイフとフォークがでてくるわけではなく、欲しいものがあるなら、立ち上がって自分で取りにいかないといけない。

人生というビュッフェで欲しかったら、

まず、行列に並ぶ。

そして、その行列に並び続ける。

一貫性のない気まぐれな行動をしてみたり、途中で仕事を投げ出したり、家に帰ってボ〜とテレビを見ている時間など勿体ない感じがする。

一旦列に並んだら、並び続ける。

毎日新しいことを学び、実践し、前進するのみ。

ありがたいことに人生のビュッフェは、24時間オープンだ。

いつでもどこまでも、どんなに時間がかかっても、行列に並び続けたら、いつか必ず行列の先頭にくるようにできている。

人生で本当に大切なこと。

これからどんな人間になりたい?

自分の中で限界を決めつけない。

価値ある行動は習慣化して、いつでもチャレンジ。

必要な時に必要な知識を学び、内面を成長させる。

広告

〜We are the world〜の精神

〜We are the world〜
大好きな言葉であり、ある意味僕の人生のミッションに近いかもしれません。

僕の信念には、

人は誰しも自由に自分を表現できる力があると信じています。

しかしながら、幼い頃から植え付けられた価値観、常識などは、親や先生、コーチから影響を受けて、今の自分があると思い込んでしまっているのでは。

20代の頃、価値観の違いで親父と衝突した過去があり、それ以来、当たり前だと思っていた常識を一旦、
疑ってみようと思いました。

なんか本当の自分をうまく表現できないまま…

「自由」という言葉には二種類あって、英語に直訳すると、
「FREEDOM」と「LIBERTY」があります。
僕の「LIBERTY」に込めた想いというのは、

もし、ガチガチの鎖に縛られ続けている当たり前だと思っていた常識や価値観、制約からすべて解放することができたなら、人は本当の自分らしさを見つけ、毎日を幸せに大好きな仕事をして、毎日をパワフルに生きらるのではないか、という想いがあります。
20代の頃、よく街中に街頭占い師みたいな人がいて、
試しに1万円の鑑定料を払って占ってもらった事を覚えています。
半信半疑のまま、その占い師がくれた答えは、僕の予想もしなかった結果だったのです。

「あなたの隣りにいる人を愛しなさい」
へっ?

「大きな使命をもった人が自分の役目を果たした時、
世界はすべての人々が手を取り合い、助け合い、愛し合える世界ができる」
そんな宗教みたいやし、うさんくさいなーと思う程度でその時は軽く流して、何事もなかったように時を過ごしてきました。

当時の僕は?マークが頭の中をグルグル回っていました。

しかし、この年齢になって、あの時の占い師が言っていた言葉がなんだかわかるようになってきました。

一国の政治家になり国を動かしてみたり。

また、学者として地球を救うような輝かしい功績を残してみたり。

そんな「大きな」ことではなく、

あなたの身近にいる「小さな」ことを大切にする。
今までに最も影響を与えた映画に、
「ペイフォワード」〜可能の王国〜があります。

たった1人の少年から始まる「善意の心」が輪となり、
世界を変えるという感動で素敵な物語です。

そもそも人生のミッション(使命)は、

案外あなたの身近なところにあるような気がします。

今、自分の隣りの人を愛し手を取り合った時、

その人がまた隣りの人を愛し手を取り合う。

一人で頑張らない、生きていこうとしない。

必ず誰かの支えや助け合いがあって、今の自分ができあがり、

この地球に生まれたからには、

一人一人この世界で果たすミッション(使命)があるはず。

なんかそういうの考えると、ワクワクしませんか?